MENU
カテゴリー
女性の美を仕事にするためイメージコンサルタントの資格を取得。

ホテルや結婚相談所などでのべ500名の魅力を引き出すパーソナルカラー診断や立居振舞の指導を行う。

身体も心も美しく変わるフィットネスに魅了されパーソナルトレーナーに転向。
のべ20000名のセッションを行う。

50歳からのダイエットは体重を計るのをやめるとうまくいく!

当ブログは広告を扱っています。

みなこ

こんにちは。
しなやか美人コーチの浅見美菜子です。

痩せにくくなったなぁ

って、悩んでいませんか?
「しなやか美人コーチ」として、
大人の女性のボディメイクの指導もしていますが、「何をしても痩せなくなった」と言う相談が、ダントツに多いんです。

皆さん、どうしているかと言うと・・・
・ウォーキングなど運動をはじめた
・Youtubeなど動画を見て、ストレッチや筋トレをはじめた
・食事やおやつを我慢

一般的に「これをすれば痩せる」と言われているものを試してる。

でも!思うような結果が出ない。

そもそも運動は続かない。
何だったらストレッチだって続かない。
食べるのを我慢したら、ストレスでドカ食いして自己嫌悪。

安心して下さい。
続かなくて落ち込んでいるのは、あなただけではありません。

この記事では、ダイエットに悩むあなたに知っておいて欲しい、大人のダイエットで大切な考え方についてお話しますね。

この記事を書いた人

●元人事責任者として20000名の従業員の採用・育成経験

●しなやか美人コーチとして延べ30000名以上の
 心とカラダの健康を サポート

●50代以降の女性のキレイを応援する50代(絶賛、婚活中💦)

目次

50歳からは体重を計るのはやめるべし

体重の変化に一喜一憂するのは、自分をいじめていること


ダイエットをはじめると体重を計りますよね?
たしかにダイエットにおいて、
体重を計るのは王道。
私自身がカラダ作りをしていた時も、
1日2回計っていました。
体重の増減を意識すると、自ずと食欲が抑えられたり、運動量を増やしたりして、目標にむかって調整することができるんですよね。

でも、それが有効なのは40代前半まで
多くの女性は40代半ば頃から更年期の症状が出始めます。
ぶっちゃけそれどころじゃなくなるんです。
毎日の自分のご機嫌(心とカラダ)をとるのに精いっぱい。


今までのように、言うことをきかなくなったカラダにとって、体重の増減で一喜一憂して食事を減らしたり、運動量を増やしたりすることは、
ストレスでしかないんです。

更年期の症状は人それぞれ。
軽い人もいれば、寝込む人もいます。
ただ、多くの人は「今までとなんか違う」と感じてる。

この頃から、今までつかなかったところに脂肪がつき、ボディラインも崩れ、ますます焦ります。

でもね、一番優先したいのは
人生の後半に向かって変わりつつある自分の心とカラダをいたわること


更年期はホルモンバランスの乱れが引き起こすさまざまな症状。
そして、ホルモンバランスの乱れは、
自律神経にも大きく影響します。
つまりカラダの不調を引き起こしやすい状態にあるということ。
そんなときに、過度に運動をしたり、食事制限をすることはおススメできません。

ちなみに私は更年期に差しかかるころに、
ハードなダイエットやトレーニングをして生理が止まったことがあります。
ダイエット中は順調だったのに、
目標体重に達してしばらくしてから、ぱったりと来なくなりました。
こんな風に、カラダの異変って時間差でやってくることもあるのです。


だからこの時期に無理は禁物!

脂肪は悪者ではない

脂肪は悪者だと思っていませんか?

・脂肪はカロリーが高い(ダイエットの敵!)
・脂肪がつくとボディラインが崩れる

確かにその通りなのだけど、
脂肪はカラダの機能を正常に保つために存在しているんです

・(生きていくために大切な)臓器を守る
・カラダの機能を正常に保つためのホルモンや物質を作る
・体温を一定に保つ
・エネルギーを貯蓄する

ダイエットをすると脂肪は完全な悪者にされがちだけど、カラダを正常に機能させるために、なくてはならない存在。


反対に脂肪が少ないと
・カラダが冷える(冷え性、低体温)
・免疫機能が低下
・肌質や髪質が悪くなる

など、美しさから遠ざかってしまう。

健やかなカラダのために脂肪は欠かせないものだけど、問題なのは過剰につくこと。
見た目が気にならなければいいと思うけど、
脂肪のつき過ぎは、さまざまな病気を引き起こすリスクが高くなる。


健康のことを考えれば「適度」が望ましい。

適度な脂肪は女性を美しくする

適度な脂肪は、女性らしさの象徴でもありますよね。
思わず触れたくなるようなふっくらとしたバストやヒップは女性の特権(胸やお尻がぺったんこと言う話はここでは置いておきましょう😉)


この
思わず触れたくなる質感は脂肪のなせるわざ。

悲しいことに、歳を重ねると
「思わず触れたくなる」質感はどんどん失われていく。

40代くらいまでは自分で「痩せた」と感じたのは、何となくお腹周りがスッキリしたときだったの。
でも、50代半ばになった今は頬がげっそり😨

40代と違って50代になると顔や首、デコルテラインから肉が削げ落ちていく。



頬がげっそりして、ほうれい線が目立ち、
デコルテラインや首が筋張って、老け感満載💦
ぜんぜんキレイじゃないのよ。


でも、こういう人多いよね。
ダイエットを頑張った結果、筋っぽくなってしまうの

ダイエットの目的を見失っていませんか?

ダイエットを決意するときって、
キレイになりたいって思うからよね?

ぽっちゃりおばさん体型から、
引き締まったボディラインになって、
服を素敵に着こなして、美しくなりたい
そんな気持ちもあると思う。

それなのに、頑張ってもキレイになっていないと悲しいよね。


でも、ダイエットに失敗する多くの人が、
体重を減らすことに一生懸命になって、
本来、目指していたはずの
健康美、女性美から遠ざかっているの。

中には過度なダイエットで、
健康を損ねてしまった人も。

それって本当に悲しい。


だから、この記事を読んでいるあなたには、
体重を減らすことに一生懸命になるのではなく、
客観的に自分を見る習慣を身に着けて欲しい
・服を着たときのシルエット
・肌や髪の質感
・大人の余裕が感じられるか

「大人の余裕」
それは気持ち的なものもだし、見た目も。
食べ過ぎた日があっても、
そんな自分にOKを出せる。
心に余裕がある人は幸せ感に溢れている。
それが、目指したい大人の姿。

50代以降のダイエットに大切なこと

50代以降の女性のダイエットで大切なのは
健康的な生活を送ること


具体的に言うと
・栄養バランスが摂れた適度な食事(腹八分目)
・適度な運動(通勤、家事などでしっかりとカラダを動かす)
・美しい姿勢

とくに「美しい姿勢」は50代以降の健やかなカラダづくりには欠かせません。
(姿勢については別記事で書きますね)

50代以降のダイエットで大切なことは
体重よりも美しい姿勢と健康的な生活

ダイエットに悩むあなたの参考になれば幸いです。





友だち追加

Copyright © 2018 Minako Asami.

この投稿をシェアする
  • URLをコピーしました!
目次