MENU
カテゴリー
女性の美を仕事にするためイメージコンサルタントの資格を取得。

ホテルや結婚相談所などでのべ500名の魅力を引き出すパーソナルカラー診断や立居振舞の指導を行う。

身体も心も美しく変わるフィットネスに魅了されパーソナルトレーナーに転向。
のべ20000名のセッションを行う。

モーニングページをやめた理由。一ヶ月やってみて感じたこと。

当ブログは広告を扱っています。

みなこ

こんにちは。
ごきげん美人育成コーチの浅見美菜子です。

あなたはモーニングページを知っていますか?

ジュリア・キャメロン著『ずっとやりたかったことをやりなさい』に書かれているワークの一つです。
この『ずっとやりたかったことをやりなさい』はアーティストを目指す人のバイブル本のような存在で、 モーニングページをすることで創造力が上がるらしい。



「もっと創造性が欲しいなぁ」と思っていたので、 書くだけで創造性が上がるのなら・・・とはじめてみました。

ルールは簡単。
朝、目覚めたら、頭の中にあることをノートに書きだすだけ。
ノートとペンがあれば、明日からでもすぐにできる。
めっちゃシンプル。

ところが、どっこい。 これが大変だったの。

本で紹介されているのは、A4のノート3ページを大体30分かけてうめるというもの。



最近、A4のノートを手にとったことがある?



ちょっとひいてしまうくらい大きい。
1ページもうめられないのに、3ページって何書けばいいの? って、朝からノートを前にフリーズ。

モーニングページのルールは、頭の中に浮かんできたことを、ただひたすら書く。
「何書けばいいの?」って思ったら、「何書けばいいの?」って書く。
「何も書くことがない」なら、「何も書くことがない」とひたすら書く。

なので、私がモーニングページを行っていた1ヶ月間の中で、 「何も書くことがない」だけの日はけっこうあった。
そして書き終わるともやる。
これを書くことで、何が変わるのか・・・

モーニングページは頭の中にあるモヤモヤを吐き出すため(脳のデトックスと表現されている)に行うのだけど、私の場合は、書き出した後の方がもやる。
これって意味があるのか。 毎日、自問自答。

結局、私には無意味に感じたのでやめてしまった。


目次

モーニングページの問題点


A4のノート3ページは現実的にかなりむつかしい
本で推奨されているA4のノート3ページを埋めようとすると2時間近くかかってしまう(実際、2時間近くかけて書いている人もいるらしい)。
これを毎朝やるのは、よほどの理由がなければむつかしい。

続けている人は、その人なりのアレンジをしている
A4サイズ3ページは海外使用(英語で書くを前提にしている)なので、 文字量の多い日本語の場合はA5 やB5でOKとのこと。
私も途中からB5に変えました。

書く枚数も基本は3ぺージだけど、時間がない日は1ページとか時間ベースで行う日も。
モーニングページを習慣化している人の話を聞くと、 それぞれ、自分の生活のペースに合ったやり方にアレンジしている人が多い。

たとえば、モーニングページは起床後、(できるだけ)すぐに書きだすのがルールだけど、事情があってすぐにできない人は、一通りの家事を済ませてからとか。
モーニングページは起床後のまっさらな頭の状態で書き出すことが、クリエイティブ脳を目覚めさせることになるので、起床後、時間が経ってしまっていると、ただのジャーナリング。

続けることに意味があるので、自分に合ったやり方でいいと思うけど、 だったらモーニングページじゃなくてもよくない?と素朴な疑問も。


朝からもやる
私のようにほぼ悩みがない(頭の中にモヤモヤがあまりない)人間が書こうとすると、結構な労力。
とにかく思い浮かんだことを、手を止めずに書く というのがモーニングページのルールだけど、 何も思い浮かばない・・・

そこで「書くことがない」をひたすら書き続けたのだけど、 早起きして「書くことがない」を3ページ書くのって意味があるのかともやるようになってしまった。


悩みをひねり出してはみたものの
モーニングページを長く続けている人の例とか見ると、 人間関係のモヤモヤや悪口を書いてスッキリ、というのもあるらしい。
でも、悪口言いたい対象も今のところいないし、悩みもないので、 悩みをさがして書き出す作業が苦痛。
せっかく気分よく起きたのに、モーニングページを書こうとするともやる!

これらの理由で私はモーニングページが向いていないと思った。 本には12週間は続けるように書かれていたけど、「書くことがない」と書き続けることに何も意味を見出せなかったので、1ヶ月でやめました。


1ヶ月モーニングページをやって
感じたメリット

私にとっては苦行に感じることが多かったけど、良かったことも。



静かな朝にふだんは意識をむけることがない鳥の声に耳をかたむけたり、今日一日の目標やタスクを書きだすと、頭も整理されて、1日のスタートダッシュが軽いと感じました。

モーニングページは向いていなかったけど、テーマを決めて書き出すのは良いと感じたので、ジャーナリングというカタチで続けたいと思っています。

時間もページも決めずに、その日のタスクやどんな一日にしたいか、 もし、悩みがあれば悩みについて・・・ルールは決めず、自分が書きたいものを書きだすスタイルだったら楽しく続けられそう。


もし、あなたがモーニングページに興味を持っている、
もしくは既に始めているけど、続けるか悩んでいるなら、
自分に合ったやり方を探してみて。



朝に書き出すことは、うまくいけば良い効果があります。
でも、やり方を間違えると苦行になってしまったり、
逆効果になることも。
あなたがあなたのペースで心地よく続けられる方法を見つけて下さいね。

ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 人生を楽しむへ
にほんブログ村

Copyright © 2018 Minako Asami.

この投稿をシェアする
  • URLをコピーしました!
目次