紫外線の季節がやってきた。肌が弱い私の紫外線対策。

寒い冬から春になると、紫外線が気になり始めます。
私はいわゆる敏感肌。
そして数年前から花粉症の症状まで。
花粉の季節は何もしなくても肌がチクチク、ザラザラし、顔中に発疹も出来ます。
コロナ渦になってからは、マスク肌荒れも加わり肌荒れ三重苦状態。
こんな私が出逢った最強のパートナーを紹介します。

ずっとUVケアが出来なかった

私は今はアラフィフですが、20代の頃からUVケアが苦手でした。
UVケア製品をつけると肌が重くなる感じがあるのです。
ファンデーションも同じ理由で苦手なのでつけたことがありません。
20代の頃に某コスメブランドのコスメカウンターで悩みを相談したときに
「これだったら肌が弱い人でも大丈夫」と太鼓判を押されて購入したスキンケア一式を使用したら、
肌がウロコ状にガサガサになって暫く皮膚科に通院したトラウマもあり、積極的にファンデーションや
UVケア製品を試すこともできないままでした。
ちなみにそのブランド、皮膚科医が開発にかかわったとかなんとか(小声)。
そんな事情もあり、私が真剣にUVケアに取り組み始めたのは昨年から。
(遅い???)
昨年は肌に優しい天然成分で作られたUVスプレーを使用し、どこに行くにも日傘でガードしていました。
そのスプレーを使用しても肌荒れしないので、気に入っていたものの香りが苦手。
外出して暫くすれば飛んでしまうほど微香ではあるのですが、つけたては香料の臭いが部屋中に充満するほど。
化学物質過敏症もあるので、調子が悪いと咳き込んでしまうのです。
それにスプレーすると、白い霧状のものが部屋中に充満。
我が家は猫たちもいるので、悪くはないものの色々な事情で使いにくさを感じていたのです。

安心、安全なUVバームとの出逢い

今年はどうしたものかと悩みに悩み、ネットで色々と調べながらいくつかのUVケア製品をピックアップしていました。
条件としては
・できるだけ天然成分で出来ていること
・石鹸で落とせること
・アルコール不使用(エタノールが付着すると赤く腫れるため)
・紫外線吸収剤を使用していない
調べると、3つの条件はクリアするのですが、アルコールが含まれている製品が多いのです。
独特のスッキリ感を出すため、特に暑い季節はアルコールは重宝されるのかもしれません。
そんな中、見つけたのがこちら

サンゴに優しい日焼け止め
ネーミングからして肌に優しそう。
海に潜るダイバーの方から、市販の日焼け止めは海を汚しサンゴが死んでしまう、と言われたことをきっかけに
海を汚さず、サンゴに優しい天然成分100%の日焼け止めを開発したそうです。
そのうちの60%は保湿成分と言うのも嬉しい。
夏でも室内はエアコンで乾燥するので、インナードライ気味になってしまうのですよね。

使用した感想
天然成分がバーム状になっているので、指で救ったバームを手のひらで伸ばして肌を包み込むようにしてつけています。
ほのかに天然のハーブの香り(ローズマリー)がして、私は好きな香りなので嬉しい。
白いバームなので、ちょっと肌が白っぽくなるけど気にならない程度です。
しっかりと保湿されている感覚があります。
予想外に嬉しかったのは、このバームをつけると花粉のチクチクがなくなること!
これはめっちゃ嬉しい。
顔につける花粉ガードを買うか悩んだほど(色々な事情で断念しました)だったので、
外気からも守られている感じが嬉しいです。
私は肌が弱いので、合わない製品をつけているとすぐに発疹がでてくるのですが、
このバームはそんなこともなく。
UVケアが苦手で外出する時にいやいやスプレーをしていましたが、このバームはつけ心地が気に入って
家にいる時でもつけるようになりました。

デメリットは、バームなので肌質によってはべたべたするかもしれません。
またネットのレビューでは「香りが強い」とのコメントもあり、匂いに敏感な方や
ローズマリー系が苦手だと香りが気になるかもしれません(すぐに飛びますが)。
後はバームでしっかりと肌に密着するので、マスクが当たる場所がよれて白くなっていることがあります。
個人の肌質や使用環境によっても使用感は異なりますので、あくまでも私の感想になりますが。
自分が使用するものは、出来る限り人にも環境にも優しいものを選びたいと思っているので
とても満足しています(花粉症の症状まで軽減できているし)。

どこでも購入できるものではなく、ネット通販だとトライアルが出来ないのが難点ですが、
肌質が弱く、UVケアに悩んでいる方のご参考になれば嬉しいです。

Copyright © 2018 Minako Asami.

この投稿をシェアする
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる