【実体験】ベッドをやめてエアリーマットレスにした感想

子供の頃から当たり前のように続けてきたベッド生活に別れを告げ、マットレス生活にしました。
今回は今、使用しているエアリーマットレスにたどり着くまでと使用感、私なりの選び方について話をします。

ベッドからマットレスへ

長年使用していたベッドからマットレスに変えた経緯はこちらをご覧下さい。

私自身の年齢やメンテナンス、衛生面がベッドからマットレスに変えた理由です。
ベッドの買い替えも検討したのですが、年々ミニマリスト化しているので、
一度、ベッドをなくしてしまおうと思い切りました。

エアリーマットレスを選ぶまで

ベッドを手放す決意をし、睡眠の友となるマットレス探しを始めました。
マットレスはピンキリ!
値段も性能もピンキリで、本当に悩みます。
そこでマットレスに求めるポイントをピックアップし、リスト化しました。
絶対に譲れない(Must)な条件
 ・通気性が良い(カビ、ダニなどが発生しにくい)
 ・扱いやすい(余計なメンテナンスが発生しない)
 ・フローリングに直置きできる
この3点を重視しました。
特に通気性が良い、はMust中のMust。
ベッド時代、毎年、梅雨時期や秋口になるとダニに悩まされていたのです。
ダイソンで徹底して掃除をしていても、陰干ししても、発生するのですよね。。。
またフローリングに直置きできる点も重視していました。
フローリング用にすのこなどを敷くことも検討したのですが
 ・余計なメンテナンスが発生する(すのこ自体にカビが生える可能性もあり)
 ・すのこを置くこと自体が物が増える
の理由で見送りました。
自分に必要なマットレスの具体像が明確になってから検索をします。
「マットレス」
「フローリング」
「おすすめ」
で検索をかけると、いくつかのメーカー品がヒットします。
その中から私が目をつけたのがエアリーマットレスです。

エアリーマットレスを選んだ理由

沢山あるマットレスの中からエアリーマットレスを選んだ理由はズバリ
通気性の良さ
です。
私のMust中のMust。
通気性と言えばエアリーマットレス、くらいの圧倒的な評価でNo.1としました。
メーカーの商品ページを隅から隅まで熟読し、
いくつかのサイトから実際に使用している方のレビュー約200件に目を通し、
Youtubeでも使用している方の動画を見て、メリット・デメリットをリストアップしました。
レビューのいくつかにエアリーマットレスのデメリットが書かれていましたが、
私にとっては致命的なデメリットにはならないだろうと判断しました。
予め自分が何を重視したいか、が明確になっていると、ネガティブなコメントを見た時に判断しやすいと思います。
肝心の寝心地ですが、店頭で実際に試すことが出来れば一番良いのですが、
ネットで購入する場合は腹をくくるしかありません。
ベッド時代のマットレス履歴からも、私の場合は高反発が合うことがわかっています。
低反発のふわふわの感触が大好きなのですが、筋肉質なので沈み過ぎてしまうのです。
高反発でも硬さに幅があるため、実際に使用している方のレビューやYoutubeの動画の中から、
出来るだけ自分と体型が近そうな人のレビューを特に参考にしました。

エアリーマットレスの選び方

エアリーマットレスは沢山の種類があります。
ずっと見ていると、何がどうだか・・・と頭の中がぐちゃぐちゃになりそう。
マットレス選びで一番目に参考にしたのがこちらのサイトです。

厚さや硬さがシンプルにまとめられているので、こちらで凡その目安をつけます。
まず高さ(厚さ)です。
私は5㎝と9㎝を迷いましたが、
 ・床から少し離れている方が良い
 ・何分、筋肉質。。。(ややコンプレックス気味)
と言う点で9㎝にしました。
次に硬さ
9㎝で硬めと言うことでHG90にしました。
通常、マットレスの硬さはN(ニュートン)で表記されます。
自分に合った硬さの選び方はこちらのサイトが参考になります。

但し、エアリーマットレスはN表記ではないのです。
このバックりと「やわらかめ」「ふつう」「かため」がわかりにくい。
どれも個人の感覚で、具体的な目安がわかりません。
ここはレビューを参考にしまくり、そして自分の体質(筋肉質。。。)から硬めを選択しました。
私が選んだHG90はシリーズNo.の硬さとのこと。
シリーズの中で一番硬いことはわかったけど、どのくらいの硬さなのかが想像がつきません。
レビューの中では男性でも「硬すぎる」とコメントしている方もいれば
女性でも「快適です」とコメントしている方も。
正直、ここは勘、自分の勘を信じるしかありません。
(科学的根拠ではなくてすみません)

エアリーマットレスHG90を使用した感想

エアリーマットレスHG90を使用してみた感想です。
問題のシリーズNo.1の硬さですが、確かに硬いですが不快な硬さではありません
(ここは個人差があると思いますので、あくまでも感想の1つとして捉えて下さい)。
余計な沈み込みがないので、寝返りが楽です。
また少し前に枕も買い替えたのですが、枕の高さが丁度良くなりました。
ベッド時代はベッドもマットレスも劣化していたので、夜中に目が覚めることが多かったのですが、
エアリーマットレスに変えてからは熟睡できています。

マットレスのお手入れですが、エアリーマットレスは通気性が良いので週に1回程度、
立てかけて陰干しすることが推奨されていますが、私は天気が良い日は毎日でも立てかけて干しています。
ベッド時代と比較すると、この作業に手間がかかりますが、清潔に保たれているので満足です。
またフローリングにマットレスを直置きすることで、埃を吸い込んでしまう問題がありますが、
寝る前にささっと床掃除をすることで、軽減できているのではないかと思います。

睡眠の質が人生の質を高めると言っても過言でないくらい睡眠は大切です。
私たちが生きていく上で大切な様々なことに睡眠の質が関係しているのが最近の研究で明らかになっています。
(睡眠については別記事に記します)
寝具選びは本当に悩むと思いますが、
自分にとって譲れないポイントを明確にし、納得がいくまで調べる(試せる場合は試す)
ことが大切です。
そこまでしても失敗してしまうこともありますが。
(そこが寝具選びの難しいところ)
この記事が寝具選びでお悩みのあなたの参考になれば幸いです。







Copyright © 2018 Minako Asami.

この投稿をシェアする
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる