更年期の症状を改善するために、まず見直してみてほしいこと

こんにちは。

埼玉県で更年期世代の女性の心身の悩みを解決するサポートをしているパーソナルトレーナーの浅見です。

こちらのブログをご覧になっている方は「更年期」「自律神経」の不調に悩んでいらっしゃる方が多いと思います。

皆さんは「更年期」と言う言葉、どのようなイメージをもっていらっしゃいますか?

その多くは明るくなく、むしろネガティブなイメージだと思います。

更年期は女性ホルモンの減少が引き起こす症状ですので、女性としての役割の一つを終える、喪失感のような、寂しさのようなものや、更年期が引き起こす精神的な症状、イライラ、うつ、ネガティブ思考などから、更年期の症状に悩んでいても、誰にも相談せずに悶々とすることも多いと思います。

更年期は閉経(平均年齢50.5歳)前後の5年間、約10年間の期間です。

ですが、人によっては30代(20代後半から始まる方もいます)から始まったり、閉経後も長く続いていたり個人差もあります。

更年期が引き起こす症状は主に3つに分類されます。

自律神経系

倦怠感、冷え、むくみ、代謝異常、太りやすい、頭痛、不眠、ほてり、だるさなど

精神系

ネガティブ思考、イライラ、怒りやすい(感情的になりやすい、抑えられない)、うつなど

その他

肩こり、腰痛(の悪化)、関節痛、体力の衰えなど

実は私自身、更年期の真っただ中。

そしてパーソナルトレーナーとして日々、沢山の女性のカラダの悩みと向き合っています。

更年期世代で多いのは、主に自律神経系とその他(カラダの痛み)の訴えです。

更年期の症状は加齢による女性ホルモンの減少が引き起こしますが、生命を維持するために機能する自律神経の働きと密接な関係にあります。

自律神経は活動するための交感神経休息するための副交感神経が一日を通してシーソーのように入れ替わりながら、カラダの機能を正常に保っています。

ですが、何らかの原因で異常をきたし、正常に働かなくなるのが自律神経失調症と言われる症状です。

そして更年期障害は女性ホルモンの減少による自律神経失調症とも言われています。

私自身、40代前半に過労から重度の自律神経失調症にかかり、長い闘病生活を送った経験があります。

自律神経失調症の症状も人それぞれ。

軽度の方もいれば、私のように日常生活に支障がでるほど重症になる場合もあります。

更年期の症状も同じです。

軽度の方もいれば、寝込むほど重症の方もいます。

更年期の症状が辛い場合は、まずは婦人科を受診して下さい。

様々な治療方法がありますので、主治医と相談をし、納得がいかなければセカンドオピニオンなども受けて下さい。

それ以外で、心掛けていただきたいのが

生活リズムの見直し

です。

起床時間、食事、適度な活動(家事、仕事、運動など)、休養(お風呂、睡眠など)を出来るだけ規則正しく過ごすこと。

毎日、忙しくてそんなこと気にしてらない!

って声も聞こえてきそうですが、毎日でなくても週3日でも構わないので、出来る限り規則正しく過ごすよう意識を向けて下さい。

自律神経は一日24時間を通して働くリズムが決まっています。

それが乱れ、その乱れが引き起こす不調が自律神経失調症です。

出来る限り自律神経の活動に沿った生活を送ることが、自律神経を正常に保つ秘訣です。

朝、目覚め、陽の光を体内に取り込み、朝食で体内活動のスイッチを入れ、交感神経を目覚めさせます。

そして夕方、陽が落ちる頃からカラダは休息モード、副交感神経が働き始めるので、夜はリラックスタイム。

一日活動して疲れたカラダを回復させるために十分な睡眠を摂る。

これらを心掛けるだけで、心もカラダも整いやすくなります。

誰にでも出来るとてもシンプルな方法ですので、是非、お試し下さいね。

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる