更年期世代のダイエットの悩み③ ウォーキングをしているけど痩せません

こんにちは。

更年期世代の女性のカラダづくりを応援するパーソナルトレーナーの浅見です。

5月になりました。

5月はとても過ごしやすいですね。

春になり街中で気持ちよさそうにウォーキングしている方をチラチラお見かけするようになりました。

ダイエット目的でウォーキングを始めた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私に相談される方も、日常的にウォーキングをしている方がいらっしゃいます。

「週3日やっているのに何も変わりません。。。」

と嘆く方も。。。

本日はダイエット目的のウォーキングについて。

 

目次

運動におけるウォーキングの位置づけ

私達、人間は物心ついた頃から歩いたり走ったりし、日常的に歩いています。

そのウォーキングの運動的な位置づけはメッツと言う指標で表されます。

健康・体力づくり事業財団Websiteより

座って安静にしている状態が1メッツです。

この表で見てみると歩行は3メッツ。

座って何もしない状態に対して、歩行は3倍運動をしている、と言うことになります。

ウォーキングはこの表で「速歩」の4メッツです。

この表では通常歩行よりも、1段階だけ運動強度が高い、ことがみて取れます。

運動的な視点でみると、ウォーキングはさほど運動強度は高くはないのです。

 

ウォーキングで痩せない理由

上記のことからも

ウォーキングで痩せない理由はそもそも運動強度が高くない

が一番に挙げられます。

速足で歩けていればまだ良いのですが、散歩の延長程度のスピードだと通常歩行と変わらなくなります。

運動の消費カロリーは

体重(Kg)×運動時間(H)×Mets×1.05

の公式で計算できます。

例えば体重55Kgの女性が1時間、速足でウォーキングをした場合

55Kg×1H×4×1.05=231Kcal

1時間のウォーキングで消費できるカロリーは231Kcal、おにぎり1個分で意外と多くはないのです。

ダイエットの大原則は

摂取カロリー<消費カロリー

です。

運動強度が高くないウォーキングでさほどカロリーを消費していないのに、運動をしたからと食べ過ぎたら。。。

ウォーキングで痩せない理由は

・そもそも痩せるための運動強度が高くない

・(時間を要するわりには)消費カロリーが少ない

・運動後で安心して通常通り食べてしまう

・(時間を要するので)続かない

などが考えられます。

よくTVのダイエット番組でウォーキングをして痩せた場面が放映されていますが、あれは

日常活動量が少ない(そもそも動いていない)人がウォーキング(活動)をしたことでの効果

です。

普通に活動している方がウォーキングだけで痩せることはハードルが高いです。

 

痩せるためのウォーキングは?

じゃあ、ウォーキングだけでは痩せないのか?

と反論が聞こえて聞こえてきそうですね。

ウォーキングでも痩せる(カラダを引き締める)効果を出す秘訣があります。

ウォーキングコースに坂道や階段を加えること

速足のウォーキングは4メッツですが、階段の上り下りは8メッツとされています。

実際、階段を上り下りするために下半身を中心に全身の筋肉を使います。

平坦な道だけではなく、坂道や階段、またあまり舗装されていない道(安全な)をウォーキングコースに取り入れることで、運動効果があがります。

※脚腰に疾患や痛みがある方は主治医にご相談の上、実施して下さい

 

最後に

痩せるための運動は何よりも継続が大切です。

例え何らかの方法で痩せたとしても、それを維持していくことも重要です(この仕組みについても近いうちに)。

無理をせず、日常生活に取り入れやすいもの、自分自身が楽しめるものを取り入れましょう。

 

 

 

 

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる