運動初心者のためのトレーニング動画の選び方

こんにちは。

パーソナルトレーナーの浅見美菜子です。

私のブログにご訪問いただきありがとうございます。

プロフィールはこちらをご覧下さい。

Love Your MINDBODYについて

 

前回は運動を始めようとしている方に向けて

運動初心者、どんなトレーニングをしたらいいの?

を書きました。

運動を始める際、Youtubeなどの動画を活用する方が増えています。

Youtubeで

トレーニング

筋トレ

ダイエット

痩せる

で検索をすると、ものすごい数の動画が出てきます。

その中で、どれを選ぶか、悩みませんか?

そんな、あなたのために、動画の選び方のポイントをお伝えします。

 

トレーニング動画を選ぶポイント

トレーニング動画を選ぶポイントは、

自分が好きかどうか

お気に入りの人を見つけること

です。

Youtubeの動画の作り手は様々な工夫をしています。

動きや表情を使って感情豊かに伝えたり、文字やイラストを入れてわかりやすくしたり、

どの動画にも個性があります。

その中から自分に合ったものを選んで下さい。

ここは直感になります。

私自身も初めに選ぶ時は、直感で

好きだな

と思うものを視聴します。

どんなにチャンネル登録者数が多い動画であっても、何となく自分と合わないものもあります。

洋服を買いに行った時、売れ筋の洋服はとても目につきやすい場所にディスプレイされていることが多いです。

パッと目につくけど、店内を回ってみたら、奥の方に気になる洋服があったことはありませんか?

Youtubeも同じで、あなたのお気に入りの人を見つけましょう。

前回の記事にも書きましたが、始めたら継続することが大切です。

お気に入りの人の動画は、毎日、友達に会うような感覚で見ることが出来ますよ。

 

お気に入りの動画を見つけたらチェックしたいこと

お気に入りの動画を見つけたら、次のことをチェックしてみて下さい。

わかりやすいか

当たり前のことですが、改めてそう言った視点で見ると、ここにも個性が出ます。

トレーニングの場合のわかりやすいは、できるだけシンプルであることです。

・専門用語など、難しい言葉は最小限に抑えられているか

・トレーニング種目のポイントも最小限に伝えられているか

 

私の失敗談

パーソナルトレーナーデビューをして3年経った頃の話です。

フィットネスクラブでは、たくさんのパーソナルトレーナーが在籍しているので、常に何組かがパーソナルトレーニングを実施している環境です。

私の隣でベテラン(っぽい)トレーナーが指導をしていました。

お客様の身体の細部を細かく、細かく指示・指導していて

「かっこいい!できるトレーナーって感じ」

と感動したのです。

細部まで指示・指導できるということは、それだけ身体のことを知らなくては出来ません。

それ以来、私も真似をして、自分のお客様に身体の細部まで指導をしました。

距骨に重心を乗せて、つま先は10度内側に向けて、母指球で床をとらえて、内側アーチは・・・(永遠に続く)

と言う感じです。

お客様の身体を良くしたいと思えば、次から次へと尽きることなく出てきます。

が、ある日、お客様が一言

頭の中がパニックになっています。どこを意識したらいいのかわからなくなりました

と。

私が指示した時は、そこに意識が行きますが、その指示は次々と変わります。

そうすると、

何がどうなっているのか

何のためにやっているのか

どうすればいいのか

トレーニングをする上で基本となる大切な部分が抜けてしまうのです。

それ以来、私は1つの種目につき多くても3つのポイントを伝えるだけにしています。

場合によっては1つだけ。

今日はここだけ

と言う日もあります。

私の経験上、3つ以上は意識が向きにくい傾向があります。

クリニックのリハビリで患者さんに宿題を出すことがありますが、3つ以上は覚えられない方が殆どです。

その場では覚えていますが、家に帰る頃には

なんだったけ?

と、実践する宿題は1つくらいの方が多いです。

トレーニングで一番大切なことは

なんのために、どこを、どういう風に動かしているか

をご自身が感じながら行うことです。

ですので、意識を向けるポイントが多すぎないことが重要です。

そして

わかりやすい

これが意外と難しい。

例えば、先ほどの例

距骨に重心を乗せて、つま先は10度内側に向けて、母指球で床をとらえて、内側アーチは・・・(永遠に続く)

もう、なんのこっちゃ、ですよね。

わけわかりません。

私自身は理解しているし、目的があって指導していますが、私がお客様だったら頭がパニックになると思います。

先ほども書きましたがトレーニングで大切なことは

なんのために、どこを、どういう風に動かしているか

をご自身が感じながら行うことです。

トレーナーにとっての常識はお客様にとっての常識ではありません。

ですので、私の場合は出来る限り専門用語を使わない、子供でもわかるくらいにまでかみ砕いて説明をするようにしています。

例えば五十肩のお客様にする説明。

ここに肩のインナーマッスル肩甲下筋があって、それが拘縮してインピジメントを起こしてるんですよね。

また何を言っているかわかりません。

(でも、意外と現場ではあるあるです)

私は

ここに肩を安定させる筋肉があって(ちょっと動かしてもらう)、上手く動きにくい感じわかりますか?

ここが原因で肩の動きが悪くなっています。

と、言うようにご本人に感じて、自覚してもらうように説明をします。

視聴者にちゃんと伝わる

ちゃんと伝わると言うことは

視聴者が自分のこととして受け止めて、自覚する

と言うことです。

 

まとめ

Youtubeは作り手が一方的に動画を配信する仕組みで、作り手の個性が出ます。

視聴者目線で作られているか。

見ているあなたが、自分のこととしてとらえることが出来る動画が、あなたにとっての良い動画です。

そしてその作り手に親しみを持てるか。

親しみが持てる作り手は、自分の友達のように毎日会いたくなります。

トレーニングは続けることで、身体に成果が出ます。

是非、あなたに合った動画を見つけて下さいね。

 

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる