結果は時間差でやってくることがほとんど

何かを始めたときは特に、早期に結果を求める傾向があります。
私自身も会社員時代は、思うような結果が得られないと、更に頑張って
どうにか思うような結果を手に入れようと必死で頑張っていました。

でも、今の仕事に就いてから思うのは
大抵の物事の結果は時間差でやってくる
と言うこと。
今やっていることが、数か月先、もしかしたら数年先に目に見える形で現れることがあります。
何かを始めるときは
今、もしくは近い将来、その結果が欲しいから始めるけど
カタチになるのは少なくとも数か月先であることが多く、
結果が出る前にモチベーションが下がってしまって続かなくなることがあります。

この間、嬉しいことがありました。
今年からパーソナルトレーニングを始めたクライアント。
一言で言うと状態がかなり悪く、難しいクライアントの一人でした。
負傷した部分を何年もかばい続けていたので、負傷した部分はもちろん、
その周辺の組織も動かすことができず、酷い痛みが続いていました。
全く動かせない状態からスタートし、何か月かかけて僅かに動かせるようにはなったものの
ご本人の感覚は全くない状態。
痛みも続いている。
クライアントの状態からすれば動かせるようになったことだけでも
大きな進歩ではあったのですが、クライアントが焦っていることが感じ取れました。
時々、苛立っていることも。
当たり前ですよね。
今の状態を改善したくてトレーニングを頑張っているのに、
いつまでも思うように動かないのですから。
クライアントの焦り、苛立ち、不安・・・
様々な想いを肌で感じながら、私にできることは誠心誠意、今、できる限りのことをやり続けること。
身体の構造は複雑で、また疾患の状態は一人一人異なります。
皮膚や筋肉をペロンと剥がして中身を見ることもできないので、
毎回、全集中して、今できるベストを提供し続けました。
そうしたら、動くようになったんです!
感覚も戻ってきたんです!
痛みも半減してきたんです!
これってめっちゃ凄いこと!!
トレーニング開始から7ヶ月。
トレーニングをすれば1~2ヶ月で変われるようなイメージがあるかもしれません。
トレーニングの種類(痩身なのか、リハビリテーションなのか)にもよりますが
結果が出るまでには、ある程度の時間を要するのです。
痩身であっても、後のことを考えずに無理に無理を重ねれば1ヶ月で大幅な減量をすることはできます。
ですが、先のこと、身体に負担をかけないように・・・とすると、
ある程度の時間は必要です。

身体のことだけではないですよね。
例えば学び。
学ぶことはいつでも、誰でもできます。
しかしながら、それを何かに役立てるとなると、やはり時間が必要です。
私は40代半ばで会社員から縁もゆかりもないパーソナルトレーナーに転職しました。
専門学校で履修し、認定試験にも合格し、インターンも経験し、
念願のフィットネスクラブで活動を始めました。
あの頃はあの頃のベストな私だったと言えますが、
今から見ればとても未熟でした。

ただ一つ言えるのは、どんなことでも
先が見えなくても、その時ベストを尽くす、
尽くし続ける。
そうすればいつか
「あっ、思い描いていた自分になれている」
と思える日がやってきます。
それは今ではないかもしれません。
そしてもし、結果が出ないことで焦っているなら、
一度、結果のことを考えることを手放しましょう。
執着すると見えなくなることもあります。
一時、結果を出すことを忘れてみる。
あなたがそれを心から望むのであれば、どんな形でも自ずと続けます。
思い切って一端、離れてみたり、休み休みでもOK。
どんな形でも自分を信じて続けていれば、必ず実を結ぶ日がやってきますよ。



Copyright © 2018 Minako Asami.

この投稿をシェアする
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる